サービス

アプローチ

 

5つのアプローチ

人間力・組織力を高める5つのアプローチ
一人の活き活きさは、組織や社会全体の活き活きさに繋がるということ。
人・組織・社会には、未だ見ぬ秘めた力があるかも知れないということ。
そんなことを伝えていきたく
そしてその“活き活きさ”と“できる”を引き出すことに尽くしていきたく
弊社ブライトでは人間力と組織力を高める5つのアプローチを行っております。

キャリア

~ 求められる21世紀型キャリア開発 ~

人と組織の関係が変わってきております。従来の様に、組織にキャリアを任せればよいという訳はなく、一人ひとりが自分自身のキャリアにおいて、何を実現したいのか?どう歩んで行きたいのか?をより真剣に生み出す機会が必要となって参りました。外的キャリア(経歴・収入・ポジション等)以上に内的キャリア(価値観や充実感等)を大切にしていくことが益々求められております。

リーダーシップ

~ リーダーシップのパラダイムシフト ~

本来的に人は自由である筈です。しかしながら、自らがつくった枠の中に閉じ込められていて、自ら閉じ込められていることにすら気づいていないことがあります。それに気づき、新しい世界の外に出てチャレンジしていく。そんな、リーダーシップのパラダイムシフトが起きたときに、真の活き活きさと高い成果がもたらされると考えます。

コミュニケーション&コーチング

~ コミュニケーションの変化が、人と組織の変化を創る ~

仕事が上手く機能しない場合、コミュニケーションによるものであることがあります。話したことと伝わっていることが違っていたり、本当に引き起こしたい事とは違うことが起きていたりすることも良くあることです。一方、人のコミュニケーションスタイルはなかなか変わりません。それを根本的に変化させていく機会を創り、伝え合うことの真髄を追求し、研鑽していくことは、人間力にも組織力にも大きな影響を与えると考えます。

リレーションシップ

~ 関係性無くして、活き活きさと成果は無い ~

ビジネスのスピードが増していく中で、今迄よりもFACE TO FACEで会話する時間が減ってきております。だから、関係性が薄くなるのか、だからこそ、一瞬一瞬を大切に関係性を築いていくのか。2つの選択肢があります。関係性は時間に起因するものでは無いかも知れません。本当にその人が誰であるか?をその人自身及び周りが存在させ続けるかが大切な要素であると考えます。

ビジョン

~ ビジョンに向けて、全てを尽くす ~

人や組織が何らかの利益のために動いているのか、情熱を注くことのできる会社や職場のビジョンに突き動かされているのか。この差が、疲弊感や閉塞感を生むのか、真の充実感や満足感を生むのかを決定付けると考えます。人や組織の充実度が高く、持続的な成果を創り出していくこと。これには、ビジョンに向けて、全てを尽くしていく、というベクトルを外に向け続けた姿勢が問われると、我々は考えます。

サービス

人と社会を明るく輝かせる
ブライト 代表メッセージ
お問い合わせ